中国茶スタートセット 中国茶お試しセット

携帯ページ

中国茶スタートセット 中国茶お試しセット 中国茶 茶器 薬膳お菓子 オリジナル雑貨
HOME»  お店紹介»  不眠とアレルギー専門の医学博士が開発した 『空ねる枕』を使ってみました!

不眠とアレルギー専門の医学博士が開発した 『空ねる枕』を使ってみました!

不眠とアレルギー専門の医学博士が開発した 『空ねる枕』を使ってみました!



丸山式コイル「ブラックアイ」でおなじみの、
アレルギーの専門丸山博士が開発した「空ねる枕」を使ってみました!

この枕は約2年半前にブラックアイを当店で取り扱ってからずっと販売してましたが、
私は不眠ではないので、必要ないかなと思って今まで使ったことがありませんでした。

でも、買って下さったお客様からの反応があまりにもすごい!
例えば、
●50代女性の場合:夜中に何度も目が覚めて、どうせすぐには寝れないからと、
その度に下に降りてタバコを吸ってたけれど、この枕を使った日から、なんと!朝まで起きない!
それはたまたまだろうと、期待せずに2日目を迎え、やっぱり朝まで熟睡!これはホンモノだ!
そして、以前は毎日ぼーっとした頭でとりあえず近くのコンビニまで運転して、
そこでコーヒーを買って飲み、それからやっと目がシャキッとしてきて出勤というパターンが続いていたけど、
気が付いたら、コンビニに行くまでに目がちゃんとシャッキリと見えている!
あれ~?!!!とお喜びのお電話をいただきました(^^)/

●20代女性の場合:いつもなかなか寝付けず、誕生日には枕が欲しいとお母様におっしゃってた彼女、
お父様が「ちょっと高くても、それが欲しいのなら買ってあげなさい」とお母様が買いに来られました。
そして20代のお嬢様がお母様に言われた言葉が「お母さん、この枕良いよ!」
寝られるようになったお嬢様の言葉に「そんなに良いならお母さんにも貸して」と言われたそうですが、
「ダメ」と貸してくれなかったようで、「そのうち私も買いに来ます」との事。

●10代受験生のお嬢様の場合:母娘で気分転換にお茶を飲みに来て下さった親子様、
「娘が受験の気持ちの高ぶりからか、いつも寝がえりばかり打って、
やっと朝方寝られても、苦しそうに縮こまって寝ているのが、見ていられないほどかわいそう。
何かリラックスできるお茶はありますか?」
お茶でリラックスしつつ、その日の晩から枕を試されたお嬢様、
翌朝、お母様がそーっと見に行くと、なんと!あんなに苦しそうな体勢で寝ておられたお嬢様が
気持ちよさそうに仰向けになって熟睡されている!
興味を持たれたお母様は、目覚められた娘さんの枕に頭を乗せて横になってみられました。
絶妙な寝心地と高さ!これは私も!と2日連続で来られ、ご自分用もゲットされました。


うーん、これは私もどんなものなのか、使ってみたい!
で、ついに使ってみることに!

まず1日目は、いつも低くて柔らかい低反発の枕を使っていたせいか、
高さと弾力が気になりよくわからない。

2日目、あれ?慣れてきた。
翌朝、なぜか体がきしまず滑らかに動くような・・・。
気のせいかな?

3日目、枕に慣れ、馴染んだ感じ。
すぐに爆睡。いつものことだけど、朝までぐっすり。

4日目、肩こりや横を向いて寝た時の下になった手のしびれがないことに気づく。
そういえば、毎日目覚めがやけに良い。

5日目、最近花粉症で毎朝かゆかった目がほとんどかゆくないことに気づく。
朝いつも感じていた、首コリ、肩こり、朝の腕のしびれ、腰痛がそういえばない。

これは枕のせいなのかな?と、枕のパンフレットをもう一度よく読むと、
こんな丸山博士のコメントが!
「アレルギーの人は夜間に痒みや咳、鼻づまりがひどくなります。
特にかゆみや咳は布団に入ったとたん、スイッチが入ったように始まります。
なぜそうなるのだろう、と考えた結果、枕や布団の静電気がこれらの原因であることがわかりました。
というのは枕や布団の静電気を一定量減らすと痒みや咳がおさまる人が多くなったからです。
さらに、アレルギーの人以外にも、よく眠れない、夜中に何度も起きるという人の場合も、
静電気を減らすと快眠しやすくなります。」
との事。

そうか、静電気が減って、私のアレルギーの痒みが軽減されたんだ!
そして、パンフレットに書いてあった体験談を読むと、
「長年の腰痛が気にならなくなった、電磁波や静電気が影響していたなんて」と驚かれていた様子。
では、私の感想も皆さんが感じられていたことと同じようなことなんだなと納得しました。

腰痛を患っている家族や、この時季花粉症で辛い思いをされてるお客様にも使ってみてほしくなりました!(^^)!






 

2017-03-21 13:46:11

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント